毎日の婚活サポートについて(その8)


真剣交際の期間が楽しければ楽しいほど、男性が「もう少しこのままが良い」と結婚に対して二の足を踏むケースがとても多い感じがしています。決して真剣さが足りない訳ではないのですが、不思議な事だと思います。勿論、中には深刻な場合もあります。今日は「毎日の婚活サポートについて(その8)」遂に年貢の納め時の話をお送りいたします。 


<男が二の足を踏む理由>  

この兆候が出ればすぐに分かります。先方仲人様から「煮え切らない態度が伺える」との情報もいただきます。そんな時は直ぐに緊急面談です!(笑)。色々と話を聞いて見ると、①独身貴族を捨てきれない(結婚への責任の重さを感じている)。②恋人同士の今が一番楽しくて居心地が良く思える。③彼女が家庭的でない部分が見えてきた。だいたいこの3つが多いと思います。この期に及んで何を言い出すのか?!と言ってしまえば、それ迄ですが、結構真剣な悩みなのです。特に男はお相手の「家庭的じゃない」部分、例えば金銭感覚が派手だったり、部屋が汚く整理整頓が出来ない。といった部分を知ってしまった時は一番ショックです。綺麗な容姿や優しい性格の持ち主で、そこに惚れていたとしても、興醒めです。家庭的でないことが理由で真剣交際をお断りする場合は結構多いと思います。彼女が出来ない事を自分がカバーできるかどうかで決まってしまうと思います。 


<女が二の足を踏む理由>  

女性が二の足を踏みだすのも、すぐに分かります。こちらの場合は①収入が少なくて生活できるか不安。②彼氏の母親が強力で上手くやれそうにない。③何だかんだ言っても実は一人暮らしの気楽さを捨てきれない。の3つだと思います。男性の場合と共通している「一人がいい」は女性の場合の方が深刻なケースが多いと思います。お相手をそれほど魅力的じゃないと感じていることが多いのです。これは次の出会いに進む場面だと思います。もう一つややこしい問題が彼氏の母親や家族との関係への不安です。男性は多かれ少なかれマザコンな部分を持ち合わせていますので、普通は話し合いで何とかなる事が多いのですが、親離れ子離れが極端に出来ていないと交際中止の理由になってしまうと思います。 


<プロポーズへの悩み>  

首尾よく真剣交際も順調に進み、いよいよプロポーズの意思が固まれば、あとは人生最大のイベントをどう演出するかにかかってきます。サプライズプロポーズを経験した女性の9割以上は「嬉しかった」と答えています。「恥ずかしかった」や「注目を浴びるのが苦手」と言った残念な意見も数%居ますので、どっちのタイプかは事前に良く調べておかないといけません。こんな時はお互いの仲人さんを含めて相談に乗ってもらうのが一番だと思います。バレバレにならない様にそれとなく打合せするのは結構大変ですが、成功した時の感動と言ったら、ご本人達は勿論ですが、仲人にとっても涙モノの経験になります。良くあるサプライズプロポーズと言えば…、①デザートプレートに「Will you marry me?」と書き指輪もデコレーションする。②二人の思い出をアルバムにして、最後のページに「結婚しよう!」と書いておき、一番の思い出の場所で渡す。手紙を読むと効果的。③両親の名前が証人欄に記入されている婚姻届をプレゼントする。自宅で突然渡すのがミソ。④12本の薔薇(ダーズンローズ)でプロポーズする。「この薔薇には、感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠と言う意味があります。今、全てをあなたに誓います。結婚してください。」ロマンチックの最上級ですが、これをやって似合う男性は少ないかも知れません。⑤寝ている彼女の薬指に婚約指輪をはめておく。朝、目覚めて驚いた彼女に改めてプロポーズをすれば、いつもの日常が一気に特別な日に変わると言う訳です。これら5つを挙げてみましたが、結構流行っているそうです。サプライズと言ってもフラッシュモブの様なド派手な演出よりは、やはり落ち着いたプロポーズが圧倒的に支持されていることを申し添えておきます。今日は、この辺で失礼します。

婚活茨城!仲人ひきうけ隊(公式HP)

国内唯一の東証一部上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万2千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方”は婚活を何から始めますか?合コン・街コン・婚活パーティ...。何と言っても ‟結婚を前提の恋” =『お見合い』が一番合理的です!。毎月100人へ申込み、休日に出会い、充実した交際を経てお見合いから半年後に婚約を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000